天(てん)

仏さまの世界を守る人たち。
インドの神様が仏教にとり入れられ、男女ミックス、いろんな神様が 大集合しています。

キャラも役割もさまざまな 異教の神さまたち

shitennou 四天王

(してんのう)
東西南北を守る4人のガードマン。
お堂の本尊、如来や菩薩を守っています。

北:多聞天(たもんてん)。手のひらに塔をのせています。
ソロ活動の時は毘沙門天(びしゃもんてん)と呼ばれます。
東:持国天(じこくてん)。手を振り上げ武器を持っています。
西:広目天(こうもくてん)。筆と巻き物を持っています。
南:増長天(ぞうちょうてん)。こぶしを振り上げ威嚇します。
kissyoten 吉祥天

(きっしょうてん/

きちじょうてん)
美と繁栄の女神さま。

一切の厄災を除き、富をもたらしてくれます。
中国の宮廷女性の服装を身にまとい、
若く美しい女性のイメージであらわされます。
taisyakuten 帝釈天

(たいしゃくてん)
白い象に乗る 世界を支配した帝王。

インド神話では、阿修羅と戦って降伏させたことから、
戦いの神さまとしても信仰を集めています。

京都・東寺の帝釈天はイケメン仏としても有名です。
asyura 阿修羅

(あしゅら)
悪から善へ 心を入れ替えた神さま。

もともとは戦いが大好きな悪の神。
帝釈天との戦いに敗れたあと心を入れ替え、
仏教に帰依して善の神となりました。

奈良・興福寺の阿修羅はファンクラブもあるほどの人気仏です。


Page Top

inserted by FC2 system